ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】

美容外科は予約制

顔に触れる女性

低料金で治療可能な場合も

美容外科では始めのカウンセリングを重視しているところがほとんどです。ほくろの除去は整形手術ではありませんが、「見た目を変える」という趣旨の医療施設なので、患者さんの悩みや希望をじっくり聞くことに重きを置くクリニックが多いのです。カウンセリングは大抵無料で受けられ、ほくろの治療であればその日の内に施術を受けられることもあります。電話や申込フォームなどから予約を入れて、来院してください。美容外科は基本的に予約制です。ほくろの治療を始める前に、悪性腫瘍の疑いがないかをチェックします。悪性腫瘍の可能性があれば、皮膚がんの治療を行う医療機関を紹介してくれるでしょう。良性腫瘍の場合は、炭酸ガスレーザーによる施術がチョイスされることが多いです。炭酸ガスレーザーは病理部の水分に反応する仕組みで、小さく削るという特徴を持ちます。それだけでは削り取れないことがあるので、わざと広めに削るのが一般的です。炭酸ガスレーザーが適する病理部のサイズは5ミリくらいまでで、大きかったり深かったりすると何回か施術回数を設けるか、手術による切除が勧められます。手術は皮膚を紡錘状にメスで切って、病理部を取り除いた後に縫合し、一週間後くらいに抜糸します。これは大きくても深くても一度できれいに取り除けるため、再発の可能性が低い方法です。炭酸ガスレーザーで再発の可能性が高くなっているのは、なるべく小さな穴にしようと、ぎりぎりのラインで削るために取り残しが発生するからです。これを見越して、1年間保障などを付けている美容外科もあります。美容外科のドクターは美容に力を入れているので、少しでも患者さんの皮膚をきれいに処置したいという気持ちが強いです。それはほくろ治療でも同じことで、傷痕を残さないようにと心を砕いています。ですから、炭酸ガスレーザー治療やメスでの切除治療の後に傷痕が残ってしまって気になる場合も相談しやすいです。保障を付けているクリニックもありますし、アフターフォローの手厚さをアピールしているクリニックもあります。それに切除治療は外科処置なので、美容外科の得意とするところです。メスや針は扱い慣れているため安心です。レーザー機器にしても様々な種類を備えており、ほくろのタイプに合わせて選んでくれます。レーザー機器は、いぼやシミ取りなど様々な用途に使用されています。利用頻度の高い機器はお手頃価格に設定できることが多いため、皮膚科よりも低料金でほくろ治療ができる美容外科クリニックは珍しくありません。特に全国規模のクリニックでは低料金に設定されている傾向にあります。料金が低く設定していると、利用する患者さんが自然に増えていき、その結果ほくろ治療の実績が上がることが予想できます。もちろん一概に言えないものの、ほくろ治療に関しては皮膚科医よりも美容外科医の方が経験値は高いかもしれません。また、他の治療や施術でもレーザー機器を使う機会が多いでしょうから、使い慣れているという点も安心感があります。しかし、実際にはドクター一人一人の経験値は違うので、カウンセリングの際に実績を問うてみるといいでしょう。

Copyright© 2018 ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】 All Rights Reserved.