ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】

肌の大敵メラニン色素

レディ

紫外線などで細胞が活性化

ほくろは母斑細胞母斑というのが正式な名称で、生まれつきできているものとあとからできるものの二種類があります。後天的なものができる原因は衣服などによる肌への刺激や加齢、紫外線などがあげられます。また女性の場合はホルモンバランスの乱れなどが影響することもあります。特に紫外線は肌の健康や美容には大敵で、これがほくろの原因であるメラノサイトを増やしてしまいます。メラノサイトは母斑細胞と呼ばれるメラニン色素をつくる細胞です。これが紫外線などさまざまな影響で活性化すると小さなシミができ、それがほくろへと成長してしまいます。ただのほくろだと考えてそのままにしておく人もいますが、顔などにあるとメイクに影響してしまうこともあります。次第に大きくなることもあるのでその前に早く除去したいと考える人も多いのです。また場合によってはこれが悪性の腫瘍など病気だったりすることもあるので、気になる場合は診察を受けることが大事です。短期間にできて大きくなってしまった場合は病気を疑ってみることが必要です。形が小さく色も薄いからと言って油断していると気づかないうちに意外と大きくなってしまいます。たとえば顔にある場合は顔を洗ったときにタオルでこすったり、メイクをするときに触ったりしてしまいます。また気づかぬうちに意外と触っていることが多いのです。そのためこれらのような刺激でほくろは成長し、また数も増えてしまうことが多くなっています。大きなものや数が多い場合は治療にも時間や費用がかかるので、できるなら早めに医師に相談しておくことが大切です。ほくろの除去は美容外科で受けることができ、これは大きさや深さ、個数によって治療法は異なります。大きさが6mm以上のものはくり抜きや切除縫合手術が必要となります。くり抜きとは医療用のパンチ器具を使って行います。また切除縫合は文字通りメスで切り取り傷を糸で縫い合わせる手術です。どちらを選ぶかはほくろの状況などにより医師の判断によって決められます。またこれらより小さいほくろはレーザーなどを使って治療する方法があります。レーザーも種類があり、照射で削る方法と熱で破壊する方法があります。炭酸ガスレーザーは削るタイプで、照射することでメラノサイトを蒸発させてしまいます。またQスイッチレーザーなどは照射してメラノサイトを破壊することでほくろを目立たなくさせてしまいます。レーザー照射は5mm以下のものや個数が多い場合に主に利用されています。クリニックによって使用するレーザーの種類は違うので事前に使用するタイプやその特徴を聞いておけば安心です。そのほかに電気メスを使って削る場合もあります。これらの治療は医師の経験や実績、技術などによって効果は違ってきます。実際にクリニックを選ぶときにこれらを調べておくことも大事です。またアフターフォローのしっかりしているクリニックだということも選ぶ基準の一つに入ります。費用はくり抜きの場合は1〜3万円前後となり、切除の場合は3〜5万円程度が相場です。レーザーは1回1万円前後が必要ですが、これらの費用はほくろの状態などによって違ってくるので事前に確認することが大事です。

Copyright© 2018 ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】 All Rights Reserved.