ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】

治療で治そう

医者

様々な治療方法

ほくろは、誰にでもある体の特徴の一つです。しかし、場合によってはそれが大きなコンプレックスとなってしまうこともあります。例えば、出来る位置です。顔に小さなほくろがたくさんあると、女性の場合化粧映えも悪くなり、大きな悩みの一つとなり得ます。また、鼻の下や首などに、突起状の大きなタイプのものがあると、見た目も悪く、どことなく老けて見える原因にもなってしまう可能性があり、これもコンプレックスとなり得ます。しかしこのような気になるほくろは、美容外科にて除去治療を行うことが出来ます。さて、除去治療を受けるためには、まずは美容外科にてカウンセリングを受ける必要があります。そこで、ほくろの位置や状態をしっかりチェックしてもらいます。場合によっては、ほくろではなく悪性の腫瘍であったり、後天的ないぼであったりすることもあり、その場合は治療方針を大きく変更することもありますので、診断はしっかりと受けましょう。カウンセリングによって治療方針が決まったら、早速手術の予約をして治療を開始します。治療には様々な方法があり、レーザー治療、薬剤治療、切除治療が一般的です。特に、レーザー治療は痛みも少なく仕上がりもキレイに見えるので、人気の治療法です。自分の希望と、医師の診断によって治療法は決まりますので、どのような方法でも治療が出来る場合は、レーザー治療を選択するのがおすすめです。手術は、基本的には一日で終わりますし、即日帰宅が可能です。手術後は患部を触らず安静にしておくことが重要です。このような流れで、除去治療は進められて行きます。治療を受けるにあたり、ほくろの種類についても知っておく必要があります。種類は大きく分けて二つあり、一つが単純黒子、一つが色素性母斑です。単純黒子は、皮膚の浅い部分にメラニンが溜まって出来てしまうものです。茶色や黒がほとんどで、大きさも小さいのが特徴です。色素性母斑は、小さいなほくろが徐々に成長していき、ぽこっと突起している状態のものです。さらに、色素性母斑は先天性と後天性のものに分けられます。先天性のものは、赤ちゃんのときからあるほくろで、後天性のものは、成長につれて現れるものです。このようにほくろは種類によって分けられ、その形状によって適切な治療法が異なります。比較的小さく、色も薄いほくろはレーザー治療で除去するのが一般的です。特殊なレーザーを照射することでメラニン色素を破壊し、除去する方法です。痛みもなく、時間もかかりません。しかし、一回の治療で除去できることもあれば、複数回レーザー治療を受けなくてはならない場合もありますので、複数回の通院は覚悟しておきましょう。逆に、大きく突起している場合は、メスを使って直接除去する切除治療がおすすめです。細胞ごと切り取ってしまうので、再発の心配はありません。薬剤治療は、特殊な薬剤を患部に塗布して少しずつ色素を取り除いていくという治療です。レーザー治療や切除治療に比べて長い期間が必要になりますが、身体的負担は一番少なく、また費用も安いというメリットがあります。なるべく負担を少なくしたい、小さい子供の治療などに向いています。自分に合った適切な治療法で、コンプレックスを除去しましょう。

レディ

肌の大敵メラニン色素

ほくろは様々な理由からメラノサイトが増殖してできるもので、放置しておくと大きくなることもあります。治療はくり抜きや切除縫合、レーザーなどによって行われます。これらの治療の効果は医師の技術などによっても違ってきます。

顔に触れる女性

美容外科は予約制

美容外科でほくろ治療を受ける場合、カウンセリングの予約を入れることから始まります。そしてほくろの大きさや深さなどを調べて、レーザー治療か切除治療か決めます。レーザー料金が抑えられている美容外科は多く、外科手術も得意としているので人気です。

看護師

クリニックの見分け方

ほくろ除去治療には手術とレーザー治療の2種類があります。費用はほくろのサイズや治療方法によって異なりますが、数千円から数十万円と幅があり、優良なクリニックかどうかも含め事前に調べてから受診するのがおすすめです。

Copyright© 2018 ほくろ悩みを簡単に解消する方法【美容外科にて除去治療を行う】 All Rights Reserved.